葬式の喪主は誰が務める?

このページでは、葬式の喪主の決め方について紹介します。

葬式の喪主の決め方

喪主とは、故人の葬儀の主宰者を指します。故人とのお別れをしめやかに執り行う意思がある人なら、誰でも務めることはできます。しかし生前の故人と深い関係があった人物こそ、適任であることに間違いはありません。

続柄による決め方

喪主を務めるのは、故人の親族であるのが一般的です。筆頭に挙がるのは配偶者。故人の夫、或いは妻が喪主を務めるケースが多くなっています。

しかしすでに配偶者が他界していたり、存命でも高齢のため喪主の役割を全うできそうもないという場合には、その子供が喪主を務めます。

長男~次男と、男性の子供が喪主を務めるケースは多いようですが、絶対というわけではなく、女性の子供が喪主を務めても構いません。

また配偶者や子供がいない、或いは子供が未成年であるという場合には、故人の兄弟が喪主を務めることになるでしょう。

故人に血縁者がいない場合

故人の両親がすでに他界しており、兄弟もおらず、結婚歴もないというケースもあります。

この場合、仲の良い友人や、仕事関係の知人などが喪主を務めても構いません。「葬儀の喪主は、親族が務めなくてはならない」という決まりはないのです。

近年は高齢化社会が進み、孤独死も多く発生しています。このようなケースも増えていくことが予想されますが、誰が喪主を務めようと「故人の死を悼み、しめやかに送り出してあげたい」という気持ちさえあれば、葬儀を開催する意味はあります。

また「喪主の引き受け手はいないが、葬儀は行いたい」という場合、葬儀社や住職などが喪主を代行してくれることもあると知っておきましょう。

夫が喪主となった場合、その妻がやるべきこと

葬儀は、古の時代から脈々と受け継がれてきた儀式。いくら現代気質の夫婦でも「夫が喪主を務めることになったみたい。何だか大変そうよ」では済まされません。

妻は、弔問客への対応に追われる夫を陰から支え、現場の煩雑な作業や現金・食事の手配などに走り回る必要があるのです。

また「夫が親の臨終に大きなショックを受けている」というケースもあります。そうした場合は夫を励まし、喪主としての役割を果たせるよう、サポートしてあげて下さい。