お布施を渡すタイミング

このページでは、喪主の知っておくべき基礎知識のひとつ『お布施』について調べています。渡し方や相場などの情報をまとめているのでご一読下さい。

お布施とは

仏教や神道、そしてキリスト教など、故人が信仰していた宗教に則った葬儀を行う場合は、お寺や神社、そして教会から宗教者を招きます。

お布施とは仏教用語で、葬儀中に読経を上げていただいた御礼に、僧侶に渡すお金です。神道の場合は『ご神饌料』、キリスト教の場合は『献金』と呼ばれます。

読経は品物やサービスではありません。対価として支払うのではなく、あくまで「感謝の気持ちを包むもの」と考えるようにして下さい。

お布施を渡すタイミング

葬儀が始まる前に渡すのが一般的です。葬儀場のスタッフが、喪主や関係者に僧侶の到着を伝えてくれますので、控室に訪れ挨拶と共に渡すのが良いでしょう。

その際は「本日は、○○(故人の名前)のためのお勤めをよろしくお願いいたします」と、一言添えるようにして下さい。

また通夜~葬儀~納の式まで、同じ僧侶にお願いする場合、お布施を渡すのは一度だけで構いません。

お布施を渡す際のマナー

直接手渡すのではなく『切手盆』という小さなお盆に載せるのが、正しいマナーです。葬儀場の場合は、スタッフが用意してくれるでしょう。

またお盆が用意できないという場合は、袱紗に入れて手渡すと良いでしょう。袱紗の色はグレーや紫、緑などを選んで下さい。

なお、お布施を包む袋(封筒)は、文房具店コンビニエンスストアで販売されています。表書きに「○○家」など、名前を書き添えるようにして下さい。中に包むお札は、祝儀袋と同じく、新札であることが望ましいとされています。

お札の向きは、揃えて入れるのがマナー。福沢諭吉などの顔が印刷されている面を表にし、なおかつ袋の口に近い向きで入れるようにして下さい。

気になるお布施の相場

葬儀におけるお布施の相場は、15万円~50万円程度となっています。

ただし檀家として関係のある菩提寺の僧侶にお願いする場合は、事前に、親族などに相場を確認しておくと良いのではないでしょうか。

また葬儀社に紹介をお願いする予定で、予算に限りがあるという場合は「このぐらいなら用意できるのですが…」と、あらかじめ相談しておきましょう。