喪主がやること基礎知識編

大切な家族の死について考えたくないのは誰でも同じです。しかし、その死を悼む葬儀のひとつ・通夜は逝去後3日以内に行うのが一般的。

何の準備もしていないと、大慌てとなってしまいます。これでは、故人をスムーズに弔うことができなくなってしまうでしょう。

もし喪主となる可能性がある人は、もしもの時に備え、しっかりと葬儀の知識を深めていく必要があります。

喪主がやることとは?

以下に「喪主がやるべきこと」について、よくある質問をまとめてみました。

喪主の仕事や必要な心構えは?

喪主と名付けられたからには、果たさなければならない仕事と責任があります。中でも一番大切なのは「故人に代わり、参列者に対応する」こと。参列してくれたことに心から感謝し、真摯に対応することが喪主の役割です…。

喪主の心構えを詳しく読む

葬式の喪主は誰が務める?

喪主とは、故人の葬儀の主宰者を指します。故人とのお別れをしめやかに執り行う意思がある人なら、誰でも務めることはできます。しかし生前の故人と深い関係があった人物こそ適任者と言えます…

喪主の決め方を詳しく読む

死亡後に必要な届けや諸手続は?

社会のさまざまな制度の中で生きてきた人間が死亡した場合、さまざまな届出が必要で喪主が代行しなくてはなりません…

死亡後に必要な手続きとは?

静岡市の葬儀マナーやしきたりは?

世の変化と共に様変わりはしているものの、厳粛で因習の影響も大きいのが、葬儀。一定のマナーやしきたりは生き続けています。また地域により、独特の風習が残っていることもあるのです…

葬儀マナーや静岡の葬儀風習を詳しく読む

お布施を渡すタイミングは?

葬儀が始まる前に渡すのが一般的です。葬儀場のスタッフが、喪主や関係者に僧侶の到着を伝えてくれますので、控室に訪れ、挨拶と共に渡すのが良いでしょう…

お布施を渡すタイミングについて詳しく読む

香典返しなど葬儀後にやることは?

香典返しの内容については「供えていただいた金額の半額」を目安に品物を選び、送るのが良いとされています。香典の額は人により異なりますので、香典返しも複数の種類を用意します…

香典返しについて詳しく読む

墓地や霊園はどうって決める?

墓地や霊園を決める際、現地見学は必要不可欠。その際はアクセスしやすいか、管理は行き届いているか、周辺環境は良好かなどをチェックすることが大切です。

静岡市内の墓地・霊園情報を調べる