社葬

このページでは、静岡市で社葬に対応しているおすすめの葬儀社を紹介しています。

静岡市の社葬でおすすめの葬儀社

あいネット

あいネット
引用元HP:あいネット公式サイト
https://shizuokashimizu-osoushiki.jp/

盛大で華やかな葬儀ができる大規模斎場

  • 最大400名収容が可能で大型葬に最適
  • 多くの方々と共に故人様を偲べる
  • 儀式を通じて故人をしっかり見送る

あいネットは1960年「静岡県冠婚葬祭互助会」として創立された静岡でも歴史と伝統を誇る葬儀社。静岡市内(駿河区、葵区、清水区)だけでも10以上の斎場を持ち、100名近くの人数が可能。(駐車台数:100~120台)多くの参列者と共に故人を偲びたい方に最適な斎場を持つ葬儀社です。

  • 返礼品、会場利用、精進落とし、弁当、霊安室、祭壇用生花、香典帳作成、生演奏、メモリアル、新聞
プラン名 一般葬の場合(社葬の記載なし)
価格 約1,200,000円
セット内容
自社斎場名 平安ホール(ほか静岡市内に10数ヶ所
斎場特徴
  • 収容人数400名で大規模な葬儀に対応
  • 駐車台数120台(第1~第5駐車場)
  • ステージタイプの会場で一堂に会して参列が可能
所在地 静岡市葵区慈悲尾2-1
アクセス JR静岡駅より約7km、東名静岡ICより約8km

あいネットの葬儀プランを詳しく見る

社葬とは?

社葬は、特定の会社に大きな貢献をした人の逝去に対し、会社の協力のもとで執り行われる葬儀です。

具体的には創始者や社長、副社長など、重要なポストに就いていた人物の葬儀となるでしょう。また勤務中に不慮の事故で亡くなった人の葬儀が、社葬となる場合もあります。

参列者は香典を供え、遺族は後日、香典返しで感謝の気持ちを表すなど、基本的なしきたりを踏襲していきます。

社葬の規模

故人の地位や業績により、規模は異なります。故人と仕事上の付き合いのあった人たちが、多く参列するという点が、一般葬とは異なります。

会社だけでなく、社会的に地位の高い人物であった場合、その規模はかなり大きくなるでしょう。また大企業には、社葬に関する内規が設けられていることも。その場合は、内規に準ずるかたちを目指します。

静岡市の社葬の費用相場

社葬には、費用をすべて会社が負担する場合と、一部負担する場合があります(合同葬)。

また故人によって葬儀の規模も異なるため、一概に費用相場を算出することは難しくなっています。

目安として参列者が数百名程度なら、費用は500万円~1,000万円程度。1,000名を超える場合は、3,000万円程度まで跳ね上がります。これは全国的な平均相場ですが、静岡市も例外ではありません。

社葬が選ばれる理由とメリット・デメリット

メリット

企業側のメリットは「対外的に会社をアピールする機会のひとつ」である点です。また、例えば創始者の社葬の場合、企業の新生を期し、社員が一丸となる絶好の機会と捉えることもできます。また遺族にとっては葬儀費用軽減というメリットがあります。

デメリット

デメリットとしては、多数の人物が葬儀に関わるため、「遺族が故人と、ゆっくりお別れができない」という点が挙げられます。

また参列者も多いため、必然的に焼香などの時間が長くなり、全体の拘束時間も増加します。