もしもの時に知っておきたい葬儀の流れ

このカテゴリでは、葬儀の流れを紹介しています。大切な家族が他界したあと、きちんとした葬儀を執り行うことは、残された遺族の務めです。

もしもの時にあわてることのないように、その流れについて知識を深めておくことは大切です。本カテゴリには、以下のページを用意しました。葬儀の流れとともに、紹介していきましょう。

看取ったあとの葬儀の準備

多くの人にとって、葬儀の準備は初めての経験。家族が亡くなってから「何から始めたらいいのだろう?」と焦ってしまう可能性がありそうです。

こうした事態を避けるために、事前に準備を行っておくことで得られるメリットは数多くあります。
家族が御臨終を迎えてから実際に葬儀を行うまでの流れとともに紹介しますので、ぜひ内容をチェックして下さい。

看取ったあとに準備することとは?

通夜

逝去から3日以内に行うのが、通夜です。言い換えれば、家族が亡くなってから数日中に準備を完了しておかなくてはならないということになります。

通夜は日本独特の儀式のひとつで、以前は夜を徹して行われることも珍しくありませんでした。しかし近年は、その在り方も変化しています。その流れや準備を紹介していますので、知識を深めておきましょう。

通夜の流れを確認する

葬儀(告別式)

通夜の翌日に行われるのが、葬儀です。斎場で行われるのが一般的で、僧侶などにも参加してもらうこととなりますので、準備はきちんと進めておく必要があります。

もちろん、葬儀場のスタッフは葬儀のプロですから、喪主の相談に乗ってくれるでしょう。

また喪主には、葬儀を締めくくる挨拶を行う義務があります。参列者に「良いお葬式だった」と言ってもらうためにも、そのマナーを理解しておきましょう。

葬儀の流れを確認する

火葬

葬儀が終わったら遺体を火葬場へと移し、荼毘に付します。親族の火葬に参加したことがある人は、何となく流れもわかるのではないかと思いますが、葬儀全体をまとめる立場の喪主が知っておくべきポイントもあります。

本ページの内容に目を通し、スムーズな進行を目指して下さい。

火葬の流れを確認する